×
HOME>トピックス>法的書類作成の専門家に依頼しないのはもったいないと言えます

目次

費用の安さが魅力です

電卓と書類

行政書士にお願いできる仕事は、他の専門家にも相談することが可能な場合もあり、たとえば遺言書の作成は弁護士にも依頼できます。傾向として弁護士に相談したときに必要となる費用と比べた場合、行政書士に依頼した場合の方が、依頼料が安いことが少なくありません。たとえば、弁護士に遺言書作成を依頼した場合約20~300万円になりますが、行政書士だと約7~15万円で済ますことができます。東京は、専門家の数が他地域より多いので依頼料の幅が大きく、弁護士にお願いする費用の半分で対応してくれる半分のお金で対応してくれる、行政書士を探しやすいと言えます。

確かな知識を持っています

行政書士への依頼料が安いと言っても、弁護士にお願いした場合と比べて、仕事の質が落ちると言うことではありません。もちろん東京で活躍している行政書士の先生は、民法などの法律や遺言書に関する判例などを理解しています。

利用者からの評判はいいです

東京の行政書士に遺言書の作成をお願いした人からの口コミは概ねよく、たとえば「心から安心して相談できた」や「後見人についても相談したい」なども声があります。ネットには東京で活躍している行政書士の仕事に対する好感的な投稿が数多くありますが、このことが、先生方が確かな仕事をしている証明になるのではないでしょうか。行政書士は、いいサービスをリーズナブルな価格で対応してくれるので、弁護士に相談した場合と比べても相談して良かった思えることが少ないと言えます。